関西サラリーマンの雑記ブログ

関西在住の普通のサラリーマンの日常・趣味などなど

41.梅小路蒸気機関車庫

〜前回の続き〜

 

 

 

 

博物館内を回り終えて…

博物館を回り終えた時点で結構な時間を過ごしてました。

本当に子供が楽しめる施設ですし、別に鉄道マニアじゃない大人も楽しめました。

29歳のサラリーマンも楽しめたぐらいですのでw

 

 

博物館2階にあるレストランで食事を終えた僕たちは機関車が多数展示してある梅小路蒸気機関車庫に向かいました。

といっても同じ敷地内w

 

今は梅小路蒸気機関車庫と書いてありますが、昔は博物館は無くて梅小路蒸気機関車館という施設でした。

 

私も小さい時に親に連れてきてもらった記憶があります。

自分が親になって、昔自分が連れてきてもらったとこに行くのってなんかいいですよね。

 

 

 

梅小路蒸気機関車

今は京都鉄道博物館内の一施設です。

昭和47年に鉄道開業100周年を記念して当時の国鉄がSL博物館として開業したのが始まりだそうです。

 

20台ほどの蒸気機関車が保存されており、国の重要文化財だそう。

確かに行っているとかなり歴史を感じる車両が多い!

 

またSLスチーム号は実際に動く蒸気機関車に乗れちゃうんです。

500メートルの一本のレールを往復するだけですが、機関車の蒸気や音を感じることが出来て子供は大喜び間違いなしです。

 

 

www.kyotorailwaymuseum.jp

 

 

 

それでは車庫に向かいます

博物館を出て数十メートル歩けばすぐに車庫に着きます。

100メートルも無かったです。

 

建物は扇型をしており、そこに機関車が収まってる形です。

 

トーマスに出てくる車庫もこんな感じでしたよね。

小さい頃の微かな記憶ですがw

 

 

f:id:r330:20190131233607j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

この日は中々寒かったんですけど、家族連れは本当に多かったです。

 

 

僕たちはこの日の目玉であるSLスチーム号に乗ることにしました。

早速、乗車券を買いに行くと5分後に丁度出発だそうです。

本当にナイスタイミング!!

確か大人一1人500円だったと思います。

 

f:id:r330:20190131234032j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

客車にはこんな感じで座席1組毎に特急の名前が付けられていました!

 

独身の時にきた時はこんなん無かったような…

 

 

ちなみに客車はこんな感じです。

 

 

f:id:r330:20190131234212j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

たまたま発車5分前に乗れたのですが、そこからたまたま1組だけ席が空いていて家族でゆったりと乗ることが出来ました。

うちの娘は普段電車に乗らないのでとても楽しそうにしていました。

 

僕は車移動派なのですが、たまには列車に乗せてあげるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

だいだい10分ほどで終わったと思います。

降りてスチーム号の前で記念撮影をしました。

 

 

f:id:r330:20190131234443j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

小型で可愛い車輌でした。

ふと不思議に思ったのは、機関車って黒色以外はないんですかね?

カメラみたいに黒じゃないといけない理由とかがあるのかな?

今度ググってみよw

 

 

 

そして僕たちは車庫に戻って機関車の見学をしました。

 

 

 

f:id:r330:20190131234705j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

大小様々なタイプの車両が展示されていて面白いですね。

カメラ好きの方々もパシャパシャと撮ってらっしゃいました。

 

 

 

f:id:r330:20190131234808j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

モノクロにするとメカメカしさが強調されますね。

もうちょっとコントラスト上げて明るさ落としたら良かったですね。

ほんとレタッチって難しいですよね。

本で独学のサラリーマンには難しいw

 

 

 

その後、出口のお土産ショップで子供にお茶碗を買って帰りました。

出口は旧二条駅の建物を改装しており、とても趣深い建物でした。

 

 

f:id:r330:20190131235033j:plain

(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

結局なんだかんだで4時間超いました。

子供も大人も楽しめる施設でおすすめですので是非!