関西サラリーマンの雑記ブログ

関西在住の普通のサラリーマンの日常・趣味などなど

29.竹生島神社

〜前回の続き〜

 

 

 

竹生島神社について

宝厳寺を後にした私と家族は同じ島にある竹生島神社に向かいました。

 

 

 

 

正しくは都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)という名前らしいです。

なんか長ったらしくて難しい名前ですね。

 

 

 

 

こちらも那智山と同じく元々は神社とお寺が一緒だったみたいですね。

他所と同じく、明治時代の神仏分離令で神社とお寺がきっちりと分かれたみたいですね。

 

 

 

こちらの神社は弁財天・舟廊下・かわらけ投げが有名です!

一応HPもあったので下にリンク貼っておきます。

冬は竹生島行きの便は少なくなるので、これからのシーズンは要注意です。

竹生島神社

 

 

 

 

 

それでは神社へ

宝厳寺を後にして登ってきた石段と別の石段が奥にあるのでそちらに向かいます。

少し石段を降りるとそこが竹生島神社となります。

 

 

 

 

建物を入るとすぐに有名な舟廊下があります。

(妻が写ってしまいすみません。)

 

 

 

 

なにやら豊臣秀吉と縁があって、国宝に指定されているみたいです。

前回来た時は何とも思わなかったんですが、事前情報を入れていくとほ〜っと思うものですねw

 

 

 

 

f:id:r330:20181127230338j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

舟廊下を進んでいくと奥に本殿があります。

こちらも家族3人で参拝しました。

 

 

 

 

 

本殿からさらにひとつ下に下ると龍神様を祀っている龍神拝所に着きます。

ここはかわらけ投げができるのが有名です。

 

 

 

 

f:id:r330:20181127231001j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

 

かわらけにお願い事を書いて鳥居に向かって投げるのです。

見事に鳥居をくぐれば願い事が成就するみたいですね。

 

 

 

 

 

f:id:r330:20181127231032j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

 

今回はなぜが係?神社の方?がいなくて出来ませんでした。

結構楽しみにしていたので残念です…

 

 

 

 

 

ちなみに前回5年前にやった時は僕のかわらけはフリスビーのように飛んでいって鳥居に当たって木っ端微塵になりましたw

 

 

 

 

 

その後、お金が貯まると言われている小判御守りを書いました。

知り合いの方はここで小判を買って、ポルシェを買ってました。

僕もポルシェを夢見て財布に忍ばせています!w

 

 

 

 

 

時間が少し余ったので…

 

 

参拝が終わったので石段を下って島の入口に戻りました。

15分程時間が余っていたので、前回来た時には無かった綺麗目なカフェに入りました。

 

 

 

 

 

入口に大きく書いてあった近江牛まんが気になったんですw

 

 

 

 

 

f:id:r330:20181127231526j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

 

 

 

 

味はわかりやすく言うと

『551豚まんを少しゴージャスにした感じ』ですw

関西の方は理解してください。

 

 

 

 

 

 

そして滞在時間70分の竹生島観光が終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの船からはこんな感じ。

 

 

f:id:r330:20181127231750j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

 

 

ありがとう竹生島!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに船の中はこんな感じ。

 

 

 

 

f:id:r330:20181127231846j:plain(X-Pro1:XF27mm F2.8)

 

 

 

座席は観光バスみたいな感じですかね?

席数も結構あるので普通に座れます。

40分程度なので程よい船旅ですw

 

 

 

 

 

 

そして彦根港に戻り次の第31番の長命寺に向かいました。