関西サラリーマンの雑記ブログ

関西在住の普通のサラリーマンの日常・趣味などなど

4.西国三十三所:善峰寺、穴太寺

〜前回の続き〜

 

 

 

 

次の善峯寺へ

革堂の後はそこから京都市の端にある第20番の善峰寺に向かいました。

 

 

私はSUVに乗っているのですが、山道に入ってからは少し狭かったので、車で行かれる方は少し注意ですね。

 

 

ここは専用の駐車場があって300円か500円ぐらいだったと思います。

駐車場はそれなりの広さがありました。

 

 

善峯寺について 

善峯寺は1029年に開かれたお寺だそうです。

 

 

室町時代応仁の乱で大半が焼失してしまったそうです。

 

 

その後、江戸時代に復興されて今の形となったそうです。

 

 

www.yoshiminedera.com

 

 

 

それでは入って行きます

入口はこんな感じです。ここで入山料を支払います。

 

 

右側が出口ですが、お手製のバネが掛けられた扉でして、うちの子供はぴょんぴょんと何回か触って遊んでしまってました^^;

 

 

子供はお寺とか関係なく遊んでしまうので大変です。

 

 

f:id:r330:20180917155444j:plain

(X-T2:XF35mm F1.4 R)

 

 

少し進むと本堂が見えてきました。

 

 

f:id:r330:20180917155657j:plain(X-T2:XF35mm F1.4 R)

 

 

そして本堂はこんな感じです。

 

 

f:id:r330:20180917155751j:plain(X-T2:XF35mm F1.4 R)

 

 

 

次の穴太寺

そのまま次の第21番の穴太寺を目指して亀岡市に向かいます。

下道ですと50分ぐらい?

 

 

高速に10キロだけ乗ると30分ぐらいです。

500円で20分を買うかどうかですね。

 

 

僕はめんどくさかったので高速に乗りましたw 

 

 

駐車場は近隣に一般の方がされている所が何ヶ所もあります。

料金はどこも500円でした。

この季節は周りに彼岸花も咲いてますので、少し人が多かったのかなと。

 

 

 

穴太寺について

こちらも705年に創立された古いお寺です。

 

 

ここのお寺も公式のHPは無さそうです。

一応貼っておきます。

 

第二十一番 穴太寺 : 西国三十三所

 

 

周辺は彼岸花が有名らしいです。

今回も咲き始めだったので、観光客の方が結構いました。

 

 

 

それでは中へ

門はこちら。

なかなか時代を感じる門でございました。

 

 

f:id:r330:20180917160125j:plain

(X-T2:XF35mm F1.4 R)

 

 

この日も門の横に写ってる石は確りと撮りましたよw

 

 

門をくぐると裏にもいつもの石がありました。

 

 

f:id:r330:20180917160328j:plain

(X-T2:XF35mm F1.4 R)

  

 

敷地に入るとすぐに本堂があります。

子連れに優しい距離ですw

 

 

f:id:r330:20180917160408j:plain

(X-T2:XF35mm F1.4 R)

 

 

なんか毎回似たようなアングルで芸が無くてすみません。笑

 

 

こちらのお寺で京都市内近隣はお参りを終えることができました!

 

 

次は再びホーム大阪に入っていきます!